北海道内現役最古の丸型ポスト   北海道 足寄

e0201648_06591551.jpg

e0201648_06440354.jpg
e0201648_06502774.jpg
e0201648_06523957.jpg
e0201648_06532472.jpg
e0201648_06533351.jpg
e0201648_06530847.jpg
新千歳空港へ到着してから、レンタカー借りて道東自動車道で200キロ先にある足寄へ
道の駅 あしょろ銀河は かってJR北海道から第三セクターてふるさと銀河線が走っていた。
足寄駅舎である。
2006年に「ふるさと銀河線は廃止された後、2011年4月道の駅としてオープンした。
道の駅内には、「ふるさと銀河線」のホームや車両を再現展示しているほか、
足寄町出身の歌手・松山千春さんのコーナー、
物産を販売するショップ、レストランがあり、足寄町の情報発信・交流の場になっています。
丸型ポストは、オープン時に、国鉄時代の旧足寄駅舎を復元し、足寄町旭町郷土資料館(旧足寄村役場)に保存されていた昭和初期の丸型ポストで、再整備して現役復帰した
北海道内での郵便ポストとしては、現役最古のポストです。
千葉県銚子市 茨城県北茨城市にも同型の丸型ポストが現役で活躍している。
(撮影 2018年10月3日)


[PR]

by marupostakumi | 2018-10-08 06:59 | Comments(0)  

<< 北海道命名150年記念丸型ポス... 登別温泉  北海道 登別 >>