人気ブログランキング |

展示用の丸型ポスト現役復帰  舞鶴赤レンガパーク 京都 舞鶴

e0201648_6125463.jpg


e0201648_6153754.jpg


e0201648_6171320.jpg


e0201648_6202864.jpg


e0201648_6191243.jpg



舞鶴赤れんがパークに展示用で設置されていた丸型ポストが、2015年10月から現役復帰した。

このポストは、舞鶴市在住の人が2007年 舞鶴赤れんがパークへ寄贈されたもので、

レトロな赤レンガ建物によく似合っていたが、利用できるポストと間違えて投函する人が続出。

要望も相次いだため、2015年9月に舞鶴市がに日本郵便東舞鶴郵便局にポストを譲渡し、

再び利用開始になった。

私も、5月に訪れ、現役復帰して欲しいなあと思っていたので嬉しいですね。

この建物は1903年(明治36)に旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として建設。

今は、赤レンガ博物館として一般公開されている。

赤レンガ博物館の中に、舞鶴引揚記念館がある。

舞鶴は、戦後 シベリア抑留された方など、66万人引揚てきた。

引揚の歴史 シベリア抑留された日本人のことなどを展示、

戦争により、この人たちが犠牲になり、被害を受けた事実

戦後70年 戦争のない国 日本 この歴史は、多くの皆さんに見てほしいです。

(撮影 2015年5月6日)

by marupostakumi | 2015-10-08 06:22 | Comments(0)  

<< 昭和の懐かしい駄菓子屋さん 丸... 国内現役最古 丸形ポスト 再会... >>