戦時中使用された国策ポスト  愛知 豊川

e0201648_7325862.jpg


e0201648_7352982.jpg


e0201648_737780.jpg


e0201648_7391969.jpg

豊川市御油小学校にある国策ポスト(コンクリート製ポスト)。(写真①)

このポストは、1937年(昭和12)ごろ登場し、戦時体制が強化され、武器、弾丸などを
つくるため、鉄製ポストが供出された。
そのため、コンクリートや陶器製の「国策ポスト」とよばれるもので代用されたものです。

2012年10月20日 御油小学校のご協力いただき、若林さん 小沼さん 宮内さん、
御油小学校の児童の皆さんと一緒に修復した。(写真②③④)

戦後72年 紫陽花に囲まれ 静かに余生を過ごしている国策ポスト 

戦争の生き証人として貴重な教材として生かしてほしいものです。

[PR]

by marupostakumi | 2017-06-29 21:18 | Comments(1)  

Commented by mu-2008 at 2015-06-29 17:53
職人さんですね~
背中に「職人」という文字がみえます!

ポストに代わって・・・
『キレイにしてくれて、ありがとう。」

<< 2018年 戌年 ポストのある... 早朝 柴犬キクちゃんと馬籠宿へ... >>