<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

同朋高校放送部員 ラジオドラマ ♥赤丸ポストに愛を込めて♥披露 同朋高校

e0201648_657616.jpg


e0201648_6503568.jpg


9月22日(祝)母校 同朋高校放送部のラジオドラマ♥赤丸ポストに愛を込めて❤

文化祭で初披露。

10分のラジオドラマ 丸型ポスト絵手紙のパネルを飾り ラジオドラマが始まり、

1年かけて製作した、後輩放送部員の皆さんの手紙、ポストを通じて、人と人をつなぐ

大切な事が伝わり 聴き応えあるドラマでした。

私も母校で、後輩部員の皆んなと丸型ポストの事で関わることができて嬉しいです。

(撮影 2016年9月22日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-23 06:58 | Comments(0)  

抹茶色に染まる  おもてなし♥まごころポスト 愛知 西尾

e0201648_18523348.jpg


久しぶりに西尾の抹茶ポストへ出かけた。

このポストも色々思い出深いポストである。

抹茶色一色で撮影してみました。


(撮影 2016年9月19日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-19 18:57 | Comments(0)  

涙 雨   涙くんさようなら 名古屋 日泰寺参道

e0201648_22155095.jpg


雨の多い 9月 この時期は、自分にとって、色々悲しいことを思い出す月でもある。

上を向いて歩こうを聴くと 涙がこぼれないようにのフレーズがある。

涙がこぼれそうな時がある。泣きたい時は、思い切り鳴こう!

そして 涙くんさようならで前へ進もう!

(撮影 2016年9月18日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-18 22:23 | Comments(0)  

花の香りに包まれて   福徳ポスト 

e0201648_637498.jpg


早朝 福徳ポストへ撮影。

雨模様だったので、花の香りにつつまれて、しっとりとした雰囲気になった。

花を見ると 心が和らぎ、清らかになります。

(撮影 2016年9月18日)

 、
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-18 06:44 | Comments(0)  

同朋高校放送部 ラジオドラマ 赤丸ポストへ愛を込めて  9月22日文化祭披露  

e0201648_6385661.jpg


e0201648_6335899.jpg


同朋高校放送部は、昨年10月より「手紙」をテーマにしたラジオドラマ「赤丸ポストに愛を込めて」が、9月22日 同朋高校文化祭で初披露されます。

SMS LINEなどの普及で直接 手紙を書き 郵便ポストへ投函する機会が少なくなっている中、
高校生たちが、手紙に興味もっていただけれるのは嬉しいことです。

ラジオドラマ通じて 手紙を通じて、人と人の心温かいつながりを感じてほしいですね。

庄司も母校で、丸型ポストのことでミニ講演させていただきます。

9月22日 文化祭発表は午後12時半から13時半 同朋高校2F「多目的室」職員室前。
同朋高校発行の招待券が必要です。
問い合わせ 同朋高校 ☎052ー411ー1159


(撮影 2016年9月1日 名古屋福徳郵便局 福徳ポストにて)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-16 06:51 | Comments(0)  

中秋の名月   愛知 あま市

e0201648_21221255.jpg


2016年9月15日 中秋の名月

何とか 天候に恵まれ いつもの場所でお月さんもこんばんはと、

顔を出してくれた。月の輝きのように 自分もl輝きつづけたい!

そう思いながら、シャッターを押し続けた。

(撮影 2016年9月15日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-15 21:29 | Comments(1)  

福島原発20キロ圏内 郵便ポストから見た浪江町の状況 

e0201648_9375293.jpg

5月5日福島原発から20キロ圏内の避難指示解除準備区域の浪江町を訪ねた。
国道6号線から市街入口に検問所があり、担当の方に区域立ち入り許可いただき市街に入った。
e0201648_20114576.jpg

この地区は震災後2013年3月31日まで原発の警戒区域で立ち入り禁止でした。
警戒区域だったために 町中が震災後の状態で、建物倒壊したままでした。
ライブラインは復旧しておらず通行のみ立ち入りが可能であるが、
まだ、住民の方が生活できる状況ではないです。
e0201648_9333469.jpg

浪江郵便局も原発事故の影響で閉鎖し 郵便ポストもビニール袋に被せられ 浪江町の丸型ポストはガムテープで張られていました。痛々しく見えました。
e0201648_932282.jpg

震災から2年過ぎても 原発事故による影響で復興が遅れている状況でした。
郵便ポストは早く復興を進めて欲しいです。
e0201648_9424314.jpg

(撮影 2013年5月5日) 
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-13 20:12 | Comments(2)  

福島原発20キロ圏内  使用中止のままの丸ポスト 南相馬市

e0201648_10291477.jpg

南相馬市小高地区から西方向へ約2キロ 飯崎簡易郵便局前にある丸ポストを1年振りに訪ねた。
飯崎簡易郵便局と丸型ポストは原発事故影響により未だ利用できない状況である。
丸型ポストも「原発事故により使用中止」の張り紙が張られたままで塗装も色褪せ剥がれていた。
丸ポストの悲痛な声が聞こえてきそうです。
e0201648_10315874.jpg


(撮影 2013年5月5日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-13 20:07 | Comments(0)  

東日本大震災から5年 福島第一原発10キロ圏内 浪江町請戸地区 

e0201648_2225489.jpg

(請戸郵便局跡近くから、7キロ先に見える福島第一原発)
e0201648_226170.jpg

(請戸郵便局跡の郵便ポスト支柱だけ残り錆びたまま周囲の建物も損壊 土台のまま)
e0201648_2251518.jpg

(請戸郵便局跡 土台が残ったまま)
e0201648_2241097.jpg

(犠牲になった郵便職員の方のご冥福を心よりお祈りいたします)


2016年2月12日 福島原発10キロ圏内浪江町請戸地区を訪ねた。
浪江町請戸地区は太平洋沿岸部に位置し、震災前は、人口1,800人の漁師町でした。
東日本大震災による津波により、壊滅的な被害を受け多くの犠牲者 行方不明者が出た。
現地を見たとき、建物は損壊したものが一部むき出しのまま残り、周囲は構造物はなく 土台を残したままの状態でした。津波の怖さを感じた。

請戸地区は、福島第一原子力発電所より10km圏内に位置しており、福島第一原子力発電所事故後の放射能漏れの影響により、2011年3月12日に避難区域に指定された。
2016年現在、避難指示解除準備区域の指定は受けているが、まだ、復旧復興の目処が進んでいない状況である。

請戸漁港に近くにきたところにある、請戸郵便局跡へ着いた。土台だけ残り、郵便ポストも錆びた支柱だけ残ったまま。
郵便局跡に、花が供えられていた。請戸郵便局職員2名の方が震災による津波で犠牲 行方不明。

供えられた花の前で 静かに手をあわせご冥福をお祈りしました。

郵便局跡 近くからは、南方方向に福島第一原発が見える。

まだ、震災 原発は終わっていない! 一日も早い復興を願います。
 .
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-13 20:05 | Comments(0)  

秋空の二木島港   三重 熊野

e0201648_752476.jpg


熊野灘に面している、二木島港。

ここへは、何度も撮影してきたところである。

秋空を入れて撮影。さわやかな潮風が心地よかった。

(撮影 2016年9月10日)
[PR]

by marupostakumi | 2016-09-11 07:11 | Comments(0)