<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

皆さんに喜んでいただけるようポストの花を咲かせたい  

e0201648_19381589.jpg

私も各地の丸型ポストのある風景を撮影してきて12年
撮影当初 ここまで続けれることは正直 想像できなかった 
出会った多くの皆さんの心温かい触れ合い 励ましがあったからである
丸型ポストを通じて各地で人の輪が広がり花が咲きはじめ喜びであります
昨年からは、千葉県の日本郵便職員 若林さん 小沼さん 宮内さんたちと出会い
一緒に丸ポスト保存修復活動ができたことも丸ポストへの愛着の深さになったと思う。
丸ポストをきれいにして 地元地域の皆さんが喜んでいただけることが一番嬉しいです
もっと丸ポストをきれいにして 一枚でも多くその姿を撮影し もっと花を咲かせたい
花が咲いたら、それを見て最後 死んでゆきたい。
それが、私の生きがいである。

(撮影 2011年7月29日 常滑やきもの散歩道 愛知県常滑市)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-30 20:12 | Comments(0)  

梅雨の季節になりました 岐阜 美濃加茂(日本昭和村)

e0201648_7422777.jpg


5月下旬になり もう梅雨入り 例年より10日程早いとのこと

今年の梅雨は長そうなので、紫陽花もじっくり見れますね

雨も自然の恵み 感謝ですね。

(撮影 2011年6月8日)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-29 07:49 | Comments(0)  

幸福の黄色い郵便ポスト誕生8年  宮城 大崎

e0201648_7352040.jpg

2013年5月17日 宮城県大崎市にある幸福の黄色い郵便ポストが8周年を迎えた。

このポストは、多くの皆さんへ幸せを発信し親しまれてきました。

2011年3月11日 東日本大震災にあっても 踏ん張り 東北の皆さんを励ましたポストでも

あります。

私もこのポストに出会わなかったら、多くののご縁はなかったと思う。

感謝の気持ちでいっぱいです。

その幸福の黄色い郵便ポストのある所は、政治学者 吉野作造の生家があったところです。

吉野作造は大正時代「民本主義」を唱えた。今の民主主義の基本になるものでした。

2013年吉野作造没後80年 黄色いポストの後方には吉野作造の功績をたたえ 記念碑がある。

吉野作造の名言
[人生に逆境はない。どんな場合でも人と世のために尽くしうべき機会が潤沢に恵まれている」

幸福の黄色い郵便ポストと同じ、人の幸せのために尽くす それが更に人と人をつなぎ幸せになる。

(撮影2011年5月4日 東日本大震災後2ヶ月後)

e0201648_759635.jpg

[PR]

by marupostakumi | 2013-05-20 07:54 | Comments(1)  

初夏の日差しを浴び 100年前の丸ポストもピカピカ   愛知 豊川稲荷

e0201648_23314075.jpg

5月18日 初夏の快晴の中 3週間振りに 国内現役最古の丸型ポストがある
豊川稲荷へ出かけた。
4月下旬 若林さん 小沼さんたちと修復した丸ポストもピカピカのままで輝いていた。
豊川稲荷を訪れる 皆さんもこのポストに目がとまり 興味持って見ていて嬉しいですね。
このポストが100年続けて現役郵便ポストでいることは歴史文化の価値がある
一人でも多くの皆さんに触れて 豊川の観光名所として広げて欲しいと願います。
e0201648_23505693.jpg

[PR]

by marupostakumi | 2013-05-19 23:53 | Comments(0)  

福島原発20キロ圏内 郵便ポストから見た南相馬市小高区

e0201648_106499.jpg

東日本大震災から2年2ヶ月 5月5日 1年振りに福島県南相馬市小高地区を訪ねた。
1年前訪ねた時は、警戒区域解除後で建物が倒壊したままの状況でしたが、倒壊した
建物は更地になり、2013年3月には建物と敷地の除染を終え、上下水道などが復旧した。
しかし、住居できるまでには至っていない状況です

2013年4月10日から南相馬市小高区の小高郵便局の業務を再開した。
但し 小高地区に設置している郵便ポストについては小高郵便局以外は使用中止のままである

e0201648_1095418.jpg

(2013年5月5日撮影 小高郵便局前です。倒壊し建物は更地になっていた)
e0201648_10105783.jpg

(2012年4月28日撮影 小高郵便局前です。倒壊したままの建物状況でした)

e0201648_108879.jpg

(2013年5月5日 JR小高駅前から見た 小高地区)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-11 10:22 | Comments(0)  

うずまの鯉のぼり   栃木 湊町

e0201648_1933160.jpg

5月6日GW最終日 早朝に栃木市湊町へ出かけた。
古い蔵屋敷沿いに流れる巴波川(うずまがわ)に600匹のこいのぼりが気持ちよく泳いでいた。
「うずまの鯉のぼり」と呼ばれているそうです。
常盤橋からうずま公園付近まで、約630メートルの川の上に泳いでいる。
2004年、巴波川に放流していたコイがコイヘルペスで大量に死んでしまったことから、
慰霊として始まったそうです。 
丸ポストを背景に600匹のこいのぼりと一緒に撮影できてよかったです。
「うずまの鯉(こい)のぼり」は5月26日迄 飾っています。

(撮影 2013年5月6日)
e0201648_19341298.jpg

[PR]

by marupostakumi | 2013-05-09 19:35 | Comments(0)  

国内最古現役丸型ポスト 100年前の輝きに 愛知 豊川稲荷

e0201648_1772156.jpg

4月27日・28日と若林正浩さん 小沼隆行さんと一緒に愛知県豊川市・豊川稲荷境内にある

100年前の国内現役最古の丸型郵便ポストを製造時に近い状態で修復した。

この郵便ポストは、明治45年(1912年)頃 製造された郵便ポストです。

e0201648_178088.jpg


今回、このポスト修復して 色々な貴重な事がわかりました。

塗装を剥がしていくうちに投函口が製造当時の金色塗装と 製造メーカー「名古屋市嶋崎町 

北野鉄工所」が刻印されていた。地元 愛知県で製造されたことがわかり実りある修復作業

でした。

e0201648_1792638.jpg


製造当時に近い状態で修復した 丸ポスト 100年前の輝きになりました。

このポストから懸賞ハガキを投函すると当たる確率があるそうです。

ご利益あるポスト 世紀を越えた活躍がつづきそうです。

(撮影 2013年4月27・28日)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-02 17:18 | Comments(0)  

100歳丸ポスト 消ししゴムハンコ印登場 愛知 春日井

e0201648_16413416.jpg

2012年10月 現役復帰した愛知県春日井市 珈琲「ポスト」前にたっている100年前の丸ポスト

このポストから記念に投函できるものは、ないかと 一緒に丸ポスト修復に取り組んでいる 

若林正浩さんに相談し 若林さんがデザインして消しゴム印制作は千葉県船橋市在住の

消しゴムハンコ作家 石堀由麻さんにご協力をお願いしました。

早速 4月29日からお店で「丸ポストはんこ」が押せます。

手紙を出す楽しみになれば嬉しいですね。

100歳ポストも再塗装し 更にピカピカになりました

e0201648_16423599.jpg


(撮影 2013年4月29日)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-02 16:54 | Comments(0)  

4月29日(昭和の日) 昭和29年昭和製 丸型ポスト修復 愛知 岡崎

e0201648_16343570.jpg


4月29日 昭和の日に 岡崎市千万町町 茅葺屋敷前にある「昭和29年昭和製 丸型郵便ポスト」を

修復しました。
e0201648_16281263.jpg


このポストも塗装状態がよくなかったので、各地の丸型郵便ポスト修復に一緒に取り組んでいる 

千葉県の日本郵便職員 若林正浩さん 小沼隆行さんと一緒に修復したもので、

昭和の日に 昭和29年昭和製 の丸型ポストリフレッシュできたのは偶然で記念すべき日でした 。

e0201648_16303537.jpg


(撮影 2013年4月29日)
[PR]

by marupostakumi | 2013-05-02 16:21 | Comments(0)