木製丸型ポスト贈呈式 小田原から相馬へ 福島 相馬

e0201648_7241550.jpg

12月22日福島県相馬市の報徳庵で木製丸型ポストの贈呈式へ出かけてきました。
この木製丸型ポストは神奈川県小田原 酒匂郵便局 川瀬 潤局長「幸せの森からのポストプロジェクト」により小田原のヒノキの間伐材から原寸大の丸型ポストを製作し、ポストの中に、小田原の間伐材から作った、木製ハガキに、小田原市民1000人からのメッセージを記入し丸ポストに投函し、小田原市とゆかりのある、福島県相馬市へクリスマスプレゼントしました。相馬市民の皆さんも木の温もりあるポストに触れていました。
このポストは今後 相馬市 郵便局などが郵便ポストとして活用できるよう検討するとのことです。
東日本大震災3年になる、3月11日まで郵便ポストして設置してほしいと願います。 

(撮影 2013年12月22日)

e0201648_7261071.jpg

[PR]

by marupostakumi | 2013-12-25 07:30 | Comments(0)  

<< 100年前の丸型ポストより 年... 国内最古の現役丸型ポストで年賀... >>