福島第一原発事故により未だ使用できない丸ポスト  福島 南相馬市

e0201648_21342857.jpg


東日本大震災から2年 
震災で犠牲になった方の ご冥福を心よりお祈りいたします。
私が昨年4月28日訪ねた 福島県南相馬市小高地区は未だライフラインが復旧して
おらず、住民の方が生活できる状況ではないです。
この地区は震災後2012年4月15日まで原発の警戒区域で立ち入り禁止でした。
警戒区域だったために 町中が震災後の状態で、建物倒壊や津波で車などが
流されたまま放置されていました。
郵便局も原発の影響で閉鎖し 丸ポストも「使用中止」の張り紙が張ったまま。
震災から2年過ぎても 原発による影響で復興が遅れている状況でした。
丸ポストがガムテープで投函口が塞がれ「いつになったら郵便物が来るのか!」
聞こえてきそうです。
一日も早い 復興を願います。

(撮影 2012年4月28日)

e0201648_2142431.jpg

[PR]

by marupostakumi | 2013-03-10 21:37 | Comments(0)  

<< 国内2本目の白い丸型郵便ポスト... 白い丸型郵便ポスト登場から1年... >>